オランダのサイクリスト

真の地球人・サイクリスト(自転車で旅をする)Hans de Block氏/オランダから。Hansは仕事とレジャーで世界を旅している。自転車のサドルに荷物と簡易ベッドの折り畳みハンモックを下げてしばしば旅をしてきた。アメリカ・ジョージアでのヨガ指導者としての訓練を経て、昨年はカンボジアで障害者を含む様々な経歴・職業の人とヨガを共有してきた。身体が思うように動かない人々への効果的なヨガの授業はHansの人生を変える経験の1つともなっている。


最近、Hansはカトマンズ盆地のトレッキングに参加した。このトレッキングはカトマンズ北部のスンダリジャル(Sundarijal)からチサパニ(Chisapani)を経てナガルコット(Nagarkot)へ至るコース。森を抜ける上り坂から始まり、タマン族のいるムルカルカ(Mulkharka)村を通りチサパニ(2140m)に下る。

 

朝食後、2日目の朝、チサパニから始まる道はほとんど平坦ではあるがナガルコットに向かい下っている。ChuileChauki Bhanjyanを過ぎると、パウワバニャンでは左手に見えるナガルコットに至る森に足が止まる。村と森の間の道を登ると町並みと山並みが見渡せる。 丘陵にあるリゾート地ナガルコットからのエベレスト、マナスル、ガウリ・シャンカール(Gauri Shanker)、ドージュ・ラックパ(Dorje Lhakpa)などの山々の眺めに息を飲む。けれどこのトレッキングの間は曇と雨のおあかげで山々の景色を見る事はできなかった。

 

3日目、ナガルコット(Nagarkot)とデュリカル(Dhulikhel)に始まるトレッキングは最終目的地ナモ ブッダ(Namo Buddha)を目指したあと、カトマンズへ戻った。早朝 ナガロットからの日の出を拝んだあと、緩やかな登り道を経てデュリカルへと下る。